併用禁止薬に注意 | 程よい効果が人気の秘密、レビトラでED治療を始めよう

程よい効果が人気の秘密、レビトラでED治療を始めよう

併用禁止薬に注意

お医者さんとナースさん

レビトラのようなED治療に使用される医薬品を服用する際に気をつけないといけない物に「併用禁止薬」と言うものがあります。
この併用禁止薬というのは、特定の薬と併用すると命に関わるような症状を発症する可能性のある医薬品のことなのですが、ED治療薬の併用禁止薬の中でも特に注意が必要である、と言われている物に「硝酸剤」と呼ばれるものがあります。

この硝酸剤という医薬品のなかでも特に有名なものに、狭心症の治療などに使用されるニトログリセリンがあります。
この薬とED治療薬を併用してはいけないと言われている理由として、この2つの薬はどちらも血管を拡張させる作用がある、ということが関係しています。
どちらも血管を拡張させる事によって身体に対して良い効果が現れるのですが、実は血管が拡張させると血液の通り道が広くなるので、その分スムーズに血液が流れるようになり、血圧が服用前よりも低下する、という特徴があります。
その為、この2つの薬を同時に服用してしまうと、2つの薬が同時に作用することによって血圧が異常に低下してしまい、時には生命活動の維持に最低限必要な血圧の値を下回ってしまうことがあり、そのまま処置をせずに放置してしまうと、命を落としてしまう場合があるのです。

なので、もしレビトラを服用するのであれば、自分が普段から服用している医薬品に硝酸剤が含まれていないか、自宅に有る常備薬の中に硝酸剤が含まれているものが無いか、というのをしっかりとチェックしておくようにしましょう。

ページのトップへ戻る